FC2ブログ

2020-07-06

極道(やくざ)渡世の素敵な面々

★★(2.0)
w極道渡世の素敵な面々
鑑賞No:00343
製作:1988年/日本/109分
監督:和泉聖治
出演:陣内孝則/麻生祐未/室田日出男/伊東四朗

梓会幹部の中川に拾われた若きヤクザ志願・坂井亮は、前身が銀行マン、脱サラ後はレコード屋経営大失敗という経歴をもっている。チンピラ修業も板についてきた頃、亮は梶山組のチンピラとやりあって腹を刺されたが、梓会幹部・神崎のおかげで命拾いし、その足で近くの医院に駆けこんだ。そこで手当ての際中に見染めた医院の娘、女子大生の圭子に熱い恋心を覚えるが・・・・。

安部譲二原作の同名小説の映画化。ヤクザ映画ではあるが、190年代にピークだった任侠ものと言われた東映のヤクザ映画とは一線を画し、お洒落で格好いいヤクザ映画である。また、ストーリーの核が抗争ではなく、ラブストーリーであるという点もこれまでのコテコテのヤクザ映画とは違ってる。主人公のヤクザを演じる若い頃の陣内孝則も持ち前のキャラを活かしながらスタイリッシュなヤクザを好演している。

劇場公開日 1988年6月11日

(予告編なし)

>>極道(やくざ)渡世の素敵な面々のキャスト一覧を見る

  1. 邦画-や
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2020-06-30

マルサの女2

★★★+(3.5)
wマルサの女2
鑑賞No:00341
製作:1988年/日本/127分
監督:伊丹十三
出演:宮本信子/津川雅彦/丹波哲郎/大地康雄

国税局査察部査察官の板倉亮子はある地上げ屋の脱税を追及していた。彼らは宗教法人を隠れ蓑として金儲けを企んでおり、亮子らはその地上げ屋を操る天の道教団の代表・鬼沢に目をつけ調査を進めていたが、核心に近づくと関係者が殺されて・・・・。

「マルサの女」シリーズ第2弾。前作はラブホテルの経営者の脱税に、暴力団や政治家、地上げ屋が絡むという構図だったが、今回はさらに世間的には不透明感の強い宗教法人と、その宗教法人を隠れ蓑にした地上げ屋を対象にした脱税を扱っている意欲作。バブル期のリアルな現実を映像化しているようで、興味深い作品である。ラストもスッキリしないところがあるが、それが却って現実感を高めている。なかなか正義というものは世の中通用しないものであると実感させられる映画。

劇場公開日 1988年1月15日

>>マルサの女2のキャスト一覧を見る

  1. 邦画-ま
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2020-06-10

バカヤロー!私、怒ってます

★★★(3.0)
wバカヤロー!私、怒ってます
鑑賞No:00327
製作:1988年/日本/99分
監督:渡辺えり子/中島哲也/原隆仁/堤幸彦
出演:相楽晴子/安田成美/大地康雄/小林薫

四話からなるオムニバス映画で、森田芳光が総指揮・脚本を務めた映画。
「食べてどこがいけないの?」
婚約した彼が実に神経質で、食事のマナーや体型など文句をつけてくる。そこで必死でダイエットを試みるが報われず・・・・。
「遠くてフラれるなんて」
自宅と会社が遠い上、父親が厳しいため恋人・大石守とのデートも終電で帰らなければならない佐恵。ある日彼のためにホテルを予約するが、時は遅く大石は別れ話を持ち出した・・・・。
「運転する身になれ!」
気の弱いタクシー運転手の益子は、毎晩酔っ払いなど嫌な客を乗せてストレスがたまっていた。ある晩美人ホステスを乗せてアパートまで送り届けたが、突然男が現われて・・・・。
「英語がなんだ!」
会社からシカゴ勤務を命じられた向坂は日夜英語の勉強に励んでいた。ある晩会社のパーティでグラマンというシカゴのVIPと知り合うが、彼は無類の女好きで嫌がるコンパニオンを口説いていたため・・・・。

初めて観たときは色んな意味で意外性があり面白いというよりも、こんな映画もありか!?と思った。短編オムニバスということで1話1話のストーリーに深みはないが、小市民が織りなす日常的な出来事の中で抑圧された怒りを「バカヤロー!」の一言で吹き飛ばすといった発想は面白い。四話の中では大地康雄が主演を演じた「運転する身にもなれ!」が一番面白く共感できた。

劇場公開日 1988年10月15日



>>バカヤロー!私、怒ってますのキャスト一覧を見る

  1. 邦画-は
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2020-05-27

敦煌

★★★★(4.0)
w敦煌
鑑賞No:00318
製作:1988年/日本/143分
監督:佐藤純彌
出演:西田敏行/佐藤浩市/中川安奈/新藤栄作

科挙を目指す青年・趙行徳は未知の国・西夏の文化に興味を持ち、現地へと旅立った。そしてその道中、西夏の漢人部隊を率いる朱王礼に徴用され、書記として同行することに。またやがて、ウイグルの王女ツルピアと出会い、互いに惹かれ合っていく。しかしある時、西夏の皇帝・李元昊に留学を命じられた趙行徳は、ツルピアとしばし離ればなれとなってしまう。こうして数年後、ようやく留学先から戻ってきた趙行徳。ところが、彼の恋人だったツルピアは李に政略的に娶られようとしていた。すると婚礼の当日、ツルピアがある行動に出るのだが・・・・。

バブルな時代に大金をかけて広大な中国で壮大な歴史ロマン映画を撮りたかった?と思われる作品。製作費も当時のお金で45億円かけていたというから驚き。だが、製作サイドが期待したほどの盛り上がりには欠ける作品に終わってしまった感のある映画。舞台は中国だが、登場人物はみな日本人俳優、しかも日本語で話しているので、中国感はゼロに近い。役者はみな有名だがまだ若く、懐かしさだけが感じられる。

劇場公開日 1988年6月25日



>>敦煌のキャスト一覧を見る

  1. 邦画-と
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2020-05-21

帝都物語

★★+(2.5)
w帝都物語
鑑賞No:00314
製作:1988年/日本/135分
監督:実相寺昭雄
出演:石田純一/原田美枝子/嶋田久作/勝新太郎

明治45年。実業家・渋沢栄一は土御門家の陰陽師・平井保昌や物理学者・寺田寅彦らに協力を求め、ある計画を進めていた。それは「東京改造計画」といい、帝都・東京を軍事的にだけでなく霊的にも守護しようとするものだった。しかし、謎の魔人・加藤保憲がその計画の前に立ちふさがっていた。加藤は1000年前関東に独立国を築こうとして失敗し、謀反人として討伐された平将門の霊を呼び醒まし、東京を壊滅させようと企んでいたのである・・・・。

荒俣宏の小説の映画化。平将門を始め、渋沢栄一、幸田露伴、森鴎外など実在の人物が大勢登場し、物語に絡んでくる点が大きな特徴の作品。原作は風水を本格的に扱った日本最初の小説と目されているが、何と言ってもインパクトが強いのが加藤保憲を演じた嶋田久作。私の中では嶋田久作といえば帝都物語の加藤と思うほど、まさに当たり役と言える配役。作品の内容はイマイチ記憶が薄いが、加藤の存在感だけが強い印象となった作品。

劇場公開日 1988年1月30日



>>帝都物語のキャスト一覧を見る

  1. 邦画-て
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2020-04-17

孔雀王

★★+(2.5)
w孔雀王
鑑賞No:00293
製作:1988年/日本、香港/96分
監督:ラン・ナイチョイ
出演:三上博史/ユン・ピョウ/安田成美/グロリア・イップ

邪悪な力によって復活した魔少女アシュラ。裏高野の退魔師孔雀とラマ僧コンチェは、彼女によって開かれる地獄門の出現を阻止すべく東京・香港そしてチベットへ飛ぶが・・・・。

荻野真の同名マンガを原作とした映画作品。公開当時、劇場で観たが、イマイチ世界観は分からず、日本では無い異国情緒が漂うが、どこか分からない世界での出来事で馴染めなかった。

劇場公開日 1988年12月10日



>>孔雀王のキャスト一覧を見る

  1. 邦画-く
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2020-04-14

木村家の人びと

★★★★(4.0)
w木村家の人びと
鑑賞No:00291
製作:1988年/日本/113分
監督:滝田洋二郎
出演:鹿賀丈史/桃井かおり/岩崎ひろみ/伊嵜充則

お金に異常なまでに執着を持つ木村家。朝からモーニング・コール・サービスや新聞配達、出前弁当、白タクと小銭を稼ぎまくるアルバイトをしている。ある日、この異常な一家の生活を見かねた嫁兄の夫婦がある提案をするが・・・。

小銭を貯めることに執着している一家を描くホーム・コメディ。評論でこの一家を“明るい守銭奴”と記載してあったが、まさにその通り。お金の稼ぎ方に賛否両論はあると思うが、いろんなアイデアでお金を稼ごうという姿勢や、それなりの努力は立派。ただしこんなことをしてまでも・・・という金儲けの手法もあってすべて感心するわけにもいかない。これに対し、一緒に金儲けに執心しながらも冷めた目で両親を見ている子供たちが救いだった。

劇場公開日 1988年5月14日

(予告編なし)

>>木村家の人びとのキャスト一覧を見る

  1. 邦画-き
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2020-04-08

快盗ルビイ

★★★+(3.5)
w怪盗ルビイ
鑑賞No:00286
製作:1988年/日本/96分
監督:和田誠
出演:小泉今日子/真田広之/水野久美/加藤和夫

母親と二人暮らしをする徹のマンションに留美というスタイリストが引っ越してくる。ひょんなことから二人は知り合いとなるが、実は彼女はルビイという名の快盗だった。徹はまんまとルビイのペースにはまり、泥棒の手伝いをさせられるが・・・。

“快盗ルビイ”を名乗る女の子と、彼女に振り回されるドジで純情なサラリーマンのラブ・コメディ。原作はヘンリー・スレッサーの「快盗ルビイ・マーチンスン」。小泉今日子はキュートなヒロインを、真田広之はドジで間抜けなサラリーマンを好演している。ストーリーや泥棒の手口は子供じみているが、それでも楽しめる。二人を取り巻く脇役は公開当時秘密にされていたが、意外な人物や芸達者な俳優が多く出演しており、より楽しませてくれた。

劇場公開日 1988年11月12日



>>快盗ルビイのキャスト一覧を見る

  1. 邦画-か
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2020-04-07

怪盗ジゴマ/音楽篇

★★+(2.5)
w怪盗ルビイ
鑑賞No:00285
製作:1988年/日本/23分
監督:和田誠
声の出演:斉藤俊夫/斉藤晴彦/伊達英二/仲代圭吾

寺山修司原作の短編ミュージカル・アニメ。小泉今日子・真田広之の「怪盗ルビイ」の併映作品として公開されている。女性歌手から“心の歌”を盗んだ怪盗ジゴマを探偵が追跡するという独特のファンタジー映画。

「怪盗ルビイ」を観に行った時に、やっていた記憶はあるが、内容はイマイチ覚えていない。ただなんとなくほのぼのとした感じのするアニメだったように記憶している。心の歌を盗まれた女性歌手の声を由紀さおりが演じているが、エンドロールでこのことが分かった瞬間、劇場内でどよめきがあったことが唯一、鮮明に記憶している。

劇場公開日 1988年11月12日



>>怪盗ジゴマ/音楽篇のキャスト一覧を見る

  1. 邦画-か
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2020-04-03

いこか・もどろか

★★★(3.0)
いこかもどろか
鑑賞No:00281
製作:1988年/日本/105分
監督:生野慈朗
出演:明石家さんま/大竹しのぶ/清水紘治/阿藤快

暴力団の金を使い込んで窮地に立たされていた田口翔平は、ひったくりを行う。しかしその金を向井小夜子というOLに横取りされてしまう。小夜子はギャンブルで会社の金を使い込んでいたためだ。そこで2人はさらに金を得るため、強盗を計画する。これが暴力団や警察に追われるドタバタ劇の始まりだった・・・。

すでに「男女7人」シリーズで共演を果たし息もピッタリの2人だったが、この映画撮影終了後に結婚発表がされるほど、この映画での息の合い具合は最高潮だったのかもしれない。内容的にはドタバタ劇で決して品質的には高くないが、2人の持つキャラがよく活かされていて十分楽しめる。ジェットコースタームービーと評されたが、テンポいいストーリー展開もよかった。

劇場公開日 1988年8月27日

(予告編なし)

>>いこか・もどろかのキャスト一覧を見る

  1. 邦画-い
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2020-03-23

ワーキング・ガール

★★★(3.0)
wワーキング・ガール
鑑賞No:00273
原題:Working Girl
製作:1988年/アメリカ/113分
監督:マイク・ニコルズ
出演:ハリソン・フォード/シガニー・ウィーバー

ウォール街の投資銀行で働くテスは、元々秘書養成学校卒であったが夜学でビジネスの学位を優等で取る頑張り屋。しかし有名大卒ではないために出世の見込みはゼロ。上司から受けられるのは引き立てとは程遠いセクハラだけ、問題児扱いで人事部のお世話になるばかり。 今度また問題を起こしたら馘、と釘を刺されたテスの新しい上司は、M&A部門にボストンから赴任してきた重役のキャサリン。同性で同い年の彼女と意気投合し、張り切るテスだったが、やがてキャサリンの意外な本性を知る。 そんな中、キャサリンがスキー休暇中に足を骨折。職場復帰するまでの間、テスはキャサリンの愛人ジャックと共に、進行中の合併話を期せずして進行させることになる・・・・。

今やハリウッドの大物俳優となったハリソン・フォード、シガーニー・ウィーバー、メラニー・グリフィスなど主要キャストの若かりし頃の作品。働く女性の社会進出を象徴したサクセス・ストーリーだが、男性の助力も多分にあり、サクセス・ストーリーとしての満足感は少ない。

劇場公開日 1989年5月20日



>>ワーキング・ガールのキャスト一覧を見る

  1. 洋画(わ行)
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2020-03-01

ロジャー・ラビット

★★★+(3.5)
wロジャー・ラビット
鑑賞No:00262
原題:Who Framed Roger Rabbit
製作:1988年/アメリカ/104分
監督:ロバート・ゼメキス
出演:ボブ・ホスキンス/クリストファー・ロイド

1947年ハリウッド。ロサンゼルスの東部のどこかにアニメーションの登場人物の住む町トゥーンタウンがあった。この町の人気者ロジャーはある仕事に失敗し、それ以降仕事に身の入らない状態になっていた。心配した社長のマルーンは探偵を雇い、ロジャーの妻で官能釣なジェシカを尾行させる。彼はジェシカと彼女の愛人だという噂のマーヴィン・アクメの2人の信用をおとすような写真を撮る。ところがそのマーヴィンが何者かによって殺されてしまい、ロジャーが第1容疑者にされてしまう・・・・。

今となっては当たり前のような映像技術だが、当時の映像技術としては驚異に値する。それぐらい、自然で違和感ないくらい実写とアニメが見事に融合した作品。ストーリー的にも子供向けというより大人向けで、単なるアニメ作品ではない。大人も楽しめる、しっかりした内容でサスペンス色もある。

劇場公開日 1988年12月3日



>>ロジャー・ラビットのキャスト一覧を見る

  1. 洋画-ろ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2020-02-25

レインマン

★★★★★(5.0)
wレインマン
鑑賞No:00257
原題:Rain Man
製作:1988年/アメリカ/134分
監督:バリー・レビンソン
出演:ダスティン・ホフマン/トム・クルーズ

中古車ディーラーのチャーリーは父の訃報を聞き葬儀に出席するが、彼に残された遺産はわずかなものと知らされる。さらに多額の財産を相続する人物がいることを知り、それが自分の兄であることが分かる。ただその兄レイモンドは自閉症だった。チャーリーはレイモンドの後見人になる目的で彼を施設から連れ出し、兄弟の旅が始まる・・・。

第61回アカデミー賞で作品賞、主演男優賞、監督賞、脚本賞を受賞したロードムービー。ダスティン・ホフマンの演じた自閉症の兄レイモンド役は絶賛。また驚異的な記憶力の持ち主という設定もよく、ストーリーを非常に面白くしている。飛行機事故の話のシーン、電話帳の番号を覚えウェイトレスを驚かすシーン、そしてカジノでのシーンと、レイモンドの記憶力にまつわる話は映画の中心である旅のシーンを飽きさせないものとなっている。お金のことしか考えていなかったチャーリーの兄に対する心境の変化もよく表現されている。ただダスティン・ホフマンとトム・クルーズが兄弟という設定はやや違和感があったが・・・。

劇場公開日 1989年2月25日



>>レインマンのキャスト一覧を見る

  1. 洋画-れ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2020-02-20

ランボー3/怒りのアフガン

★★★(3.0)
wランボー3
鑑賞No:00253
原題:Rambo III
製作:1988年/アメリカ/100分
監督:ピーター・マクドナルド
出演:シルヴェスター・スタローン/リチャード・クレンナ

タイ・バンコクの小さな仏教寺院で隠遁生活を送っていたランボーのもとに、彼の元上官であるトラウトマン大佐がやってくる。トラウトマン大佐は極秘任務のためにアフガニスタンに潜入する作戦に協力して欲しいと頼むが、ランボーはそれを断った。しかし暫くしてしてトラウトマンがソ連軍の奇襲に遭い拉致されたという知らせを聞く。彼はトラウトマンを救うため、アフガニスタンに向うことに・・・・。

もともとの1作目「ランボー」はベトナム帰還兵に対する世間の冷淡さを描いた感じだったが、追い詰められていくランボーのプロフェッショナルな反撃がだんだんエスカレートしていった感がある。特にこの3作目ではアフガン侵攻したソ連の打倒を正当化するようなメッセージ性が強く出ており、スケールアップしたアクションシーンももはや現実離れしすぎた感じが否めなかった。過去2作を観て期待して観た人にはちょっとガッカリさせられる映画。

劇場公開日 1988年6月11日



>>ランボー3/怒りのアフガンのキャスト一覧を見る

  1. 洋画-ら
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2020-02-08

ヤングガン

★★★(3.0)
wヤングガン
鑑賞No:00241
原題:Young Guns
製作:1988年/アメリカ/107分
監督:クリストファー・ケイン
出演:エミリオ・エステヴェス/キーファー・サザーランド

1878年、ニューメキシコ州リンカン郡は2つの勢力が対立し緊張の色を濃くしていた。そんなある日、その一方の勢力であるジョン・タンストールという英国人紳士が、彼の雇うヤングガンの1人であるドクとよばれる若者とともに町へやってきた時、散弾銃の銃声とともに数十人の男たちに追われる若者と出会い、彼を救ってやる。この若者ウィリアム・H・ボニーこそ、後のビリー・ザ・キッドだった・・・。

リンカーン郡戦争と呼ばれる騒動を中心にアウトロー時代のビリー・ザ・キッドを描いた作品。多分に脚色はされてはいるが、基本的には史実に沿った内容で、実在した西部劇のヒーローを知るには良い作品。エミリオ・エステヴェス、キーファー・サザーランド、チャーリー・シーンら若きスターが揃った80年代の青春西部劇で、トム・クルーズもカメオ出演している。

劇場公開日 1988年11月12日



>>ヤングガンのキャスト一覧を見る

  1. 洋画-や
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2020-01-17

ポルターガイスト3/少女の霊に捧ぐ…

★★★(3.0)
wポルターガイスト3
鑑賞No:00227
原題:Poltergeist 3
製作:1988年/アメリカ/98分
監督:ゲイリー・A・シャーマン
出演:トム・スケリット/ヘザー・オルーク

親元を離れシカゴに住む叔父と叔母のもとで新しい生活に胸ふくらませるキャロル・アンは、しかしある日、ふとしたことからあのケイン牧師の姿を見てしまい、不吉な胸騒ぎを覚える。そして彼女の予想通り、異常な現象は続発する。やがてポルターガイストは、三度キャロル・アンに襲いかかり・・・・。

2作目は観ずに3作目を観たけど、それは何の問題もなかったが、いつものごとく1作目よりも悪くなる(面白くなくなる)パターン。相変わらず、ホラー映画なのに怖くはない。ただ、撮影直後、主演の少女役を演じたヘザー・オルークが急死したことのほうが恐ろしい。ほかにもシリーズ出演者3名が急死するなど、映画を上回る恐怖感を与えられ、「呪われた映画」とも言われた。しかし、商魂逞しい米映画、ちゃっかりこの不幸を映画PRに使うあたり、驚きを超えて呆れてしまう。

劇場公開日 1988年6月25日



>>ポルターガイスト3/少女の霊に捧ぐ…のキャスト一覧を見る

  1. 洋画-ほ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2020-01-11

ポリスアカデミー5/マイアミ特別勤務

★★(2.0)
wポリスアカデミー5
鑑賞No:00223
原題:Police Academy 5: Assignment Miami Beach
製作:1988年/アメリカ/90分
監督:アラン・マイヤーソン
出演:ババ・スミス/マイケル・ウィンスロー

定年を間近に控え、失意の日々を過ごしているラサール校長の姿に見かねたハイタワーたちポリス・アカデミーの卒業生は、永年勤続の表彰をうける校長に同行し、マイアミへ向かうことになった。一行は、ラサール校長の甥である刑事部長ニックに出迎えられるが、空港で校長はトニーを主犯とするダイヤモンド強奪一味と自分のバッグを取り間違えてしまう・・・・。

シリーズも5作目となり、本作の顔だったスティーヴ・グッテンバーグが降板したというチャレンジ精神には一定の評価はするものの、その代わりになるべきキャラクターが不在のため、作品としてはもう纏まりのないグダグダなものになっている。やはり、シリーズ4作目でレビューした通り、マンネリ化のツケが回ってきた感じ。

劇場公開日 1988年7月2日



>>ポリスアカデミー5/マイアミ特別勤務のキャスト一覧を見る

  1. 邦画-ほ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2019-12-27

星の王子ニューヨークへ行く

★★★★(4.0)
w星の王子ニューヨークへ行く
鑑賞No:00215
原題:Coming to America
製作:1988年/アメリカ/117分
監督:ジョン・ランディス
出演:エディ・マーフィ/アーセニオ・ホール

アフリカ・ザムンダ王国の王子は親の決めた娘と強制的に結婚させられようとしていた。アキームは自分を本当に愛してくれる女性との結婚を望んでおり、父である王に懇願し40日の猶予を与えられる。理想の女性を求めるべく、世話係りのセミと二人で向ったのはアメリカ・ニューヨークだったが・・・。

エディ・マーフィが持ち前のキャラを十分活かした爆笑コメディ。エディ演じる世間を知らない王子の、大都会での生活のギャップも面白いが、意外とこの映画を面白くしているのが世話係りでついてきたセミの存在。エディが主役の王子だけでなく、その他何役もこなしているのも話題となった。他にも、当時まだ無名のサミュエル・L・ジャクソンやキューバ・グッティングJrも出ているので、探してみてください。

劇場公開日 1988年12月17日



>>星の王子ニューヨークへ行くのキャスト一覧を見る

  1. 洋画-ほ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2019-11-29

ビッグ

★★★★(4.0)
wビッグ
鑑賞No:00190
原題:Big
製作:1988年/アメリカ/104分
監督:ペニー・マーシャル
出演:トム・ハンクス/エリザベス・パーキンス

チビであることが悩みのジョッシュは、カーニバルの夜に願いをかなえてくれる魔王のボックスにコインを入れる。翌朝起きると、心は12歳のままジョッシュの身体は35歳の“ビッグ”になっていた。家を追い出されたジョッシュはニューヨークにやってきて玩具会社に就職するが・・・。

12歳の少年がある朝突然35歳の男に変身してしまうという奇想天外なお話し。奇想天外な話ではあるが、観ているものにチョッとした夢と幸せを与えてくれる映画でもある。当時はまだ若くコメディタッチの映画が多くてあまり評価されていない感があったトム・ハンクスだが、現在のような誰もが認める演技派の片鱗をみせる大人の姿をしながら子供の心を持った少年の演技はすばらしい。ちなみにこの映画を観ていてちょっと思ったのは、自分なら逆(大人の心?を持った少年)のほうがいいな~ってことでした。

劇場公開日 1988年7月30日



>>ビッグのキャスト一覧を見る

  1. 洋画-ひ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2019-10-06

ツインズ

★★★(3.0)
wツインズ
鑑賞No:00143
原題:Twins
製作:1988年/アメリカ/107分
監督:アイヴァン・ライトマン
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー/ダニー・デヴィート

6人の優秀な男性の精液を混ぜ合わせ、美しく才能のある女性に提供して理想の赤ちゃんを産んでもらうという試みがなされるが、産まれてきたのは双子だった。二人は環境もまったく異なるところで成長するが、小さくて冴えない兄と、すべてにおいて優れた弟となっていた。この二人が35歳になって再び出会うことに・・・・。

アーノルド・シュワルツェネッガーがコメディに挑んだ意欲作。シュワちゃんの演技の評価は難しいところがあるものの、今までのイメージとは違った横顔が見れる映画ではあった。設定は突拍子もないものだが、ストーリー的にはありきたりで印象に残りにくく、印象に残るのはシュワちゃんとダニー・デヴィートのでこぼこコンビというイメージだけ。ただ、コメディ初挑戦のシュワちゃんに対して、ダニー・デヴィートの貫禄ある演技で盛り上げていたように思う。気軽に観れるライト・コメディといったところですか。

劇場公開日 1989年8月5日



>>ツインズのキャスト一覧を見る

  1. 洋画-つ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2019-10-02

タッカー

★★★★(4.0)
wタッカー
鑑賞No:00139
原題:Tucker
製作:1988年/アメリカ/111分
監督:フランシス・フォード・コッポラ
出演:ジェフ・ブリッジス/ジョアン・アレン

第2次世界大戦が終結して、アメリカが新しい時代を迎えようとしている中、デトロイト郊外の小さな街に住むタッカーは、自分の夢であった新しい自動車を作る決心をする。そして友人の協力も得ながら、ついに夢の車を作り上げ、世間からも注目を浴びる。しかしこれを快く思わない自動車産業のビッグ3や保守的な政財界は、次々とタッカーを攻撃してきた・・・・。

この映画も実在した自動車「タッカー・トーペット」とその開発者プレストン・トマス・タッカーの実話が基になっている。夢の車「タッカー・トーペード」は結局50台しか生産されなかったが、そのうち映画製作当時47台が現存しており、映画に使用されたというから驚きである。物語は、夢と信念を持った男タッカーが、敵対者からのあらゆる非難や攻撃、妨害に屈せず、全ての疑惑も晴らし、裁判で無罪を勝ち取る話で、そういう点では感動ものではあるが、事業としては成り立たない現実を見せられ、どこか釈然としない気持ちは残る。米自動車ビッグ3の経営危機時、理解できない経営層の豪奢振りを見るにつけ、タッカーのような人材が潰され、自動車業界で繁栄しなかったことが残念です。

劇場公開日 1988年10月29日



>>タッカーのキャスト一覧を見る

  1. 洋画-た
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2019-09-28

ダイ・ハード

★★★★★(5.0)
wダイ・ハード
鑑賞No:00135
原題:Die Hard
製作:1988年/アメリカ/131分
監督:ローレンス・ゴードン/ジョエル・シルバー
出演:ブルース・ウィリス/ボニー・ベデリア

クリスマス・イヴの夜、ロスにある超高層ビルがテロリストに占拠される。このビルにある会社で働いている妻を訪ねて来たニューヨークの刑事マクレーンは、事件に巻き込まれ、非常なテロリストと孤立無援の戦いを繰り広げることになる・・・。

ブルース・ウィリスを一躍トップスターにした大ヒット作。地上30階の閉鎖空間の中で繰り広げられるアクションは観るものを興奮の坩堝に追い込んだ。孤立無援ながら“絶対にくたばらばい(ダイ・ハード・マン)”無敵のヒーローでありながら、愚痴や泣き言を言いながら戦う姿は、ヒーロー然としていなくて好感が持てた。緊張感の続くストーリー展開の中で、マクレーンと無線で友情を交わす黒人巡査パウエルとのやりとりが一時のさわやかさをよく演出していた。

劇場公開日 1989年2月4日



>>ダイ・ハードのキャスト一覧を見る

  1. 洋画-た
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2019-08-25

ショート・サーキット2 がんばれ!ジョニー5

★★★(3.0)
wショート・サーキット2
鑑賞No:00108
原題:Short Circuit 2
製作:1988年/アメリカ/105分
監督:ケネス・ジョンソン
出演:フィッシャー・スティーブンス/マイケル・マッキーン

前作でロボットの開発者だったF・スティーヴンスが露店販売しているナンバーファイブのミニチュアを、デパートの玩具係C・ギブが気に入ったことから、商売人のM・マッキーンが音頭を取って大量生産することに。仕事場となった空き倉庫にはナンバーファイブ自身が送られてきて、ミニチュア・ロボットの製作を始める。一方、倉庫裏の銀行に眠る宝石の強奪を企む一味は、ナンバーファイブ改めジョニーファイブの能力に目をつけ仕事に協力させようと接近するが・・・・。

ロボットだが何とも愛らしいナンバーファイブが魅力的で、作品もなかなかハートフルで面白かったのか、前作から2年後に製作された続編。本作ではナンバーファイブが大都会に出てきて、初めて見るのもに対する脳内処理もユーモアたっぷりで面白い。本作はピノキオを思わせる、ロボットの人間に対する憧憬を描いた興味深い映画。続編にありがちなマンネリ化にも陥っていなかった。

劇場公開日 1989年2月11日



>>ショート・サーキット2 がんばれ!ジョニー5のキャスト一覧を見る

  1. 洋画-し
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2019-07-17

3人のゴースト

★★★★(4.0)
w3人のゴースト
鑑賞No:00096
原題:Scrooged
製作:1988年/アメリカ/101分
監督:リチャード・ドナー
出演:ビル・マーレイ/カレン・アレン

若手でやり手のIBCテレビ局社長のフランク・クロスは“視聴率の男”と呼ばれるほど視聴率を上げるためには手段を選ばない男だった。今年もクリスマス休暇中の高視聴率獲得のため番組編成に意欲を燃やしていた。クリスマスの夜、そんなフランクの前に3人のゴーストが現れる。彼らは次々と変わった姿で彼の前に現れ、フランクを過去や未来に連れ回すことに・・・・。

クリスマスに観たい映画の1本。わがままで自分本位で生きてきた男が、ゴーストによって自分の過去、現在、未来を目の当たりに見せられ、そんな自分が嫌になり改心するというストーリー。というと、お堅い話かと思いきや、そこは主演のビル・マーレイ、見事な演技でコメディ満載の映画にしています。ただし、単なるコメディ映画でないことはラストに証明してくれます。チョットわざとらしさはあるものの、泣けるラストになっており、クリスマスには最適の映画となっています。

劇場公開日 1988年12月17日



>>3人のゴーストのキャスト一覧を見る

  1. 洋画-さ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2019-06-15

コクーン2 遥かなる地球

★★★(3.0)
wコクーン2
鑑賞No:00077
原題:Cocoon The Return
製作:1988年/アメリカ/116分
監督:ダニエル・ペトリ
出演:ドン・アメチー/ウィルフォード・ブリムリー

前作で、不死の身体を手に入れるため地球を離れた老人たちが、置き残した“まゆ“を引き揚げようと戻ってきたアンタレス星人とともに里帰り。家族との久々の再会を楽しむ。だがその間に“まゆ“は学者の手に渡ってしまう。老人たちは大活躍し、ついに“まゆ“を奪回するが・・・・。

1作目で不老不死を求め、地球を去った老人たち。この終わり方には本気で考えると賛否両論あるだろうけど、製作側からそんな意図は感じられない。単なる老人ものSFファンタジー映画として羨ましく思いながら楽しめば、それなりにハッピーエンドの気持ちで終えられる。1作目はそんな感じの映画だったが、興業的にヒットしたのか、続編が作られた。それがコレ。2匹目のドジョウはいない例え通り、目新しさのある内容ではなかった。だが、1作目ではあまり突き詰められなかった生と死に関してはより突っ込んだ描き方はされていたように思う。

劇場公開日 1989年6月10日



>>コクーン2 遥かなる地球のキャスト一覧を見る

  1. 洋画-こ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2019-05-28

クロコダイル・ダンディー2

★★★★(4.0)
wクロコダイル・ダンディー2
鑑賞No:00067
原題:Crocodile Dundee II
製作:1988年/オーストラリア/97分
監督:ジョン・コーネル
出演:ポール・ホーガン/リンダ・コズラウスキー

オーストラリアからニューヨークに来てしばらく経つミック・ダンディー。新聞記者のスーと同棲しながらダイナマイトを使って魚獲りをする毎日を過ごしていた。その頃、スーの前夫が、麻薬組織の現場をカメラにおさめるも見つかってしまい殺されてしまう。間一髪、証拠のフィルムは郵送され、スーの元に届けられるが・・・。

ミック・ダンディーの活躍を描くシリーズ第2弾。ミックの大都会におけるカルチュー・ギャップも面白いが、やはり今回のポイントは故郷に戻って、地の利を活かしたオーストラリアでの活躍は見もの。そういう意味では1作目より面白いかもしれない。殺人も厭わない麻薬組織との危険な戦いにも関わらず、緊張感を感じさせず、余裕さえ感じる戦いぶりには感心する。肩肘張らず観るにはいい映画。

劇場公開日 1988年8月6日



>>クロコダイル・ダンディー2のキャスト一覧を見る

  1. 洋画-く
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2019-04-03

ウィロー

★★★+(3.5)
wウィロー
鑑賞No:00028
原題:Willow
製作:1988年/アメリカ/127分
監督:ロン・ハワード
出演:ワーウィック・デイヴィス/ヴァル・キルマー

小人族の農夫ウィローは、川に流れてきた人間の赤ん坊を拾ってしまう。村の長老はウィローにこの赤ん坊を人間の世界に戻すよう指示し、ウィローは親友のミゴッシュらと共に赤ん坊を返すため旅立つことに。途中、ウィローらは宙吊りの檻に囚われていた戦士マッドマーティガンに預けるが、その矢先、赤ん坊はブラウニー族に連れ去られてしまう・・・・。

この映画を観ると「ロード・オブ・ザ・リング」を思い出します。映像美やスケールはどうしても「ロード~」の方が上回りますが、「ロード~」よりも20年近く前に製作されたことを思うと、色々な要素が目一杯詰め込まれた珠玉の冒険ファンタジー映画といえます。観るまでは勝手に主役=ウィロー=ヴァル・キルマーと思い込んでいましたが、主役のウィローは小人族だったのが意外と言えば意外でした。ちなみに主役のウィローを演じていたワーウィック・デイヴィスは「スター・ウォーズ ジェダイの復讐」でイウォーク族を演じていた俳優。

劇場公開日 1988年7月23日



>>ウィローのキャスト一覧を見る

  1. 洋画-う
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2018-02-24

となりのトトロ

★★★(3.0)
wとなりのトトロ
鑑賞No:02005
製作:1988年/日本/88分
監督:宮崎駿
声の出演:日高のり子/坂本千夏/糸井重里

サツキとメイの姉妹は、お父さんと一緒に田舎の一軒家に引っ越してくる。入院中の母親の退院を空気のきれいな家で迎えるためだった。ある日メイは、茂みのトンネルをくぐり抜け、不思議な生き物トトロに出会う。さらにサツキも父の帰りを待つバス停でずぶ濡れのトトロに出会い、傘を貸してあげることに。やがて病院から電報が届き、心配したメイは一人病院に向うが迷子になってしまい・・・・。

今まで観たジブリ作品は非現実的な世界を描いた作品が多かったが、この「このとなりのトトロ」は観始めは現実的な世界だったため、ちょっと意外感があった。そしてトトロが登場するあたりから非現実感が漂ってくるが、どうも現実と非現実が混ざり合ったような内容で、最後まで戸惑った。作者は何を描きたかったのか? この映画は我が家の子どもたちも幼い頃、大好きな映画だったが、多分大人とは違った感じ方で楽しんでいたものと思う。それぐらい、摩訶不思議な世界観と、随所にどうも引っかかるシーンやセリフがあった。後でネットで調べると、「となりのトトロ」に関する都市伝説があることを知り、読んでみると「なるほど」と引っかかったシーンを見事に説明してくれていた。この都市伝説自体はジブリは否定しているし、こじつけたような解釈もあるが、観終わった後のモヤモヤ感はいくらか解消してくれる。解釈次第では単なるファンタジー・アニメとは言えない奥の深い作品。

劇場公開日 1988年4月16日



>>となりのトトロのキャスト一覧を見る

  1. 邦画-と
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2017-11-01

悪徳の栄え

★+(1.5)
w悪徳の栄え
鑑賞No:0116
製作:1988年/日本/96分
監督:実相寺昭雄
出演:李星蘭/清水紘治/牧野公昭/石橋蓮司

戦争の影がひたひたと忍び寄る昭和10年の東京。不知火侯爵の晩餐には夜な夜な女伯爵、裁判長、金貸しが集まり、おのれが犯した悪徳の自慢話に花を咲かせていた。不知火邸内には劇場がしつらえてあり、そこで侯爵は妻と男にサドの『悪徳の栄え』を演じさせ、賓客たちに彼らの性交を覗かせるのであった。だが、男と妻の絆は次第に真正のものとなってゆき、侯爵はジェラシーを募らせてゆく・・・・。

翻訳出版された書物がわいせつ文書として裁判にまでなったマルキ・ド・サド原作の「悪徳の栄え」を映画化した作品。そのため、作品全体に淫靡な雰囲気が漂う作品となっている。冒頭からわいせつである。主人公・不知火侯爵のお屋敷で開かれているアブノーマルな晩餐会には、大審院の裁判長、財閥会長、女伯爵といったハイソなメンバーばかり。美食を頬張り裸エプロンの女奴隷を弄ぶ。ストーリー展開なんてどうでもいいと言わんばかりの内容。この手の映画が好きな人にはたまらない映画かも!?

劇場公開日 1988年8月27日

(予告編なし)

>>悪徳の栄えのキャスト一覧を見る

  1. 邦画-あ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2017-08-19

花園の迷宮

★★+(2.5)
w花園の迷宮
鑑賞No:00471
製作:1988年/日本/118分
監督:伊藤俊也
出演:島田陽子/工藤夕貴/黒木瞳/内田裕也

横浜・本牧にある豪華な洋館のホテル「福寿楼」。ここに若狭から2人の少女が売られてきるが、間もなく奇怪な殺人事件が発生する。ホテルのマダムの亭主が殺されたのだ。第一発見者のマダムは自分が疑われるのを恐れて、強盗事件のように見せかけるが・・・・。

なかなか豪華な俳優陣で、島田陽子の濡れ場シーンも話題になった映画だが、ストーリー自体はイマイチぱっとしない内容。女性が主役で綺麗どころの女優さんの熱演は評価できるが、やはり一際異彩を放っているのは内田裕也の怪演ではないでしょうか?完全にアブナイ役どころになりきっています。

劇場公開日 1988年1月25日

>>花園の迷宮のキャスト一覧を見る

  1. 邦画-は
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2017-01-16

釣りバカ日誌

★★★
釣りバカ日誌
鑑賞No:01062
製作:1988年/日本/93分
監督:栗山富夫
出演:西田敏行/三國連太郎/石田えり/谷啓

脳天気で釣りバカのサラリーマン・浜崎伝助は、ひょんなことから寂しげな老人と出会い、釣りに誘う。二人は釣りを通して意気投合するが、実はその老人は浜崎の勤める鈴木建設の社長だった・・・。

やまさき十三、北見けんいち原作の人気漫画を映画化したシリーズ第1弾。西田敏行の持ち前のコミカルな演技と、対照的な三國連太郎との掛け合いが絶妙のコメディ。2009年12月公開の「釣りバカ日誌20 ファイナル」で完結した全22作の人気シリーズとなるきっかけとなった第1作で、ハマちゃんとスーさんの出会いが中心のストーリーとなっている。釣り音痴でも十分楽しめる、一服の清涼剤のような映画である。なおチラシからもわかるようにシリーズ当初は「男はつらいよ」の併映作品だった。

劇場公開日 1988年12月24日



>>釣りバカ日誌のキャスト一覧を見る

  1. 邦画-つ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2016-03-19

さよならゲーム

★★★★
さよならゲーム
鑑賞No:01582
原題:Bull Durham
製作:1988年/アメリカ/107分
監督:ロン・シェルトン
出演:ケヴィン・コスナー/スーザン・サランドン/ティム・ロビンス

マイナーリーグのダラハム・ブルスは万年Bクラスのチームだったが、英語教師のアニーはこのチームの熱狂的なファンで、毎年有望選手を公私共に世話していた。そんな彼女が今年目をつけたのが、今年からブルスにやってきたキャリア12年の捕手クラッシュだった。クラッシュは150キロ以上の速球を投げる新人投手カルヴィンの教育係りとして雇われたのだが、彼はアニーの申し出を断り、カルヴィンに譲ることに・・・・。

野球映画のサクセスストーリーとしてはノーマルな展開だが、それなりに楽しめる作品。製作が20年前ということで、ケヴィン・コスナーもティム・ロビンスも若く爽やかなのは好印象。一方いただけないのはスーザン・サランドン。20年前でも若さを感じられず、なんであんなオバちゃんを2人の色男が取り合い、まして新人投手役のティム・ロビンスが溺れていくのか理解に苦しんだ。テーマが、野球を題材にこの3人の三角関係を描くのがメインの目的なら仕方ないが、もう少し「ナチュラル」のような波乱万丈さがあったり、「フィールド・オブ・ドリームス」のような感動があるストーリーが欲しかった。

劇場公開日 1988年9月23日



(キャスト一覧)
ケビン・コスナー(Crash_Davis)
スーザン・サランドン(Annie_Savoy)
ティム・ロビンス(Nuke_Laloosh)
トレイ・ウィルソン(Skip)
ロバート・ウール(Larry)
Jenny Robertson(Millie)
Max Patkin(Max_Patkin)
ウィリアム・オリアリー(Jimmy)


  1. 洋画-さ

2014-08-12

ぼくらの七日間戦争

★★+
ぼくらの七日間戦争
鑑賞No:02206
製作:1988年/日本/94分
監督:菅原比呂志
出演:宮沢りえ/五十嵐美穂/安孫子里香/菊池健一郎

ある日、校則に反発した青葉中学の一年・菊地ら男子生徒8人が学校を無断欠席し失跡した。彼らは自衛隊の廃工場に立てこもっていたが、ひとみら女生徒3人も加わり、11人での自炊生活か始まった。彼らの居場所を知った教師や親が説得にやってくるが、それを追い帰し、やがてバリケードを作って武装し始める・・・・。

酷い大人たちへの、中学生の精一杯の反抗だが、やはり大人側の仕打ちが酷いため、子供たちを自然、応援したくなる内容。ただ、中学生の反抗にしては戦車も登場してくるなど、まさにタイトル通り、戦争さながらで、ぶっ飛んだストーリーになっているが、といって青春ドラマの域は超えないテイストも保っている。内容的にはさほどでもないが、やはり当時、美少女として名を売った宮沢りえの可愛さが際立って印象深い作品。




  1. 邦画-ほ