FC2ブログ

2020-08-17

プリンセス・ブライド・ストーリー

★★★(3.0)
wプリンセス・ブライド・ストーリー
鑑賞No:00361
原題:The Princess Bride
製作:1987年/アメリカ/97分
監督:ロブ・ライナー
出演:ロビン・ライト/ケイリー・エルウェズ

風邪をひいた少年を見舞いに来たおじいさんが話して聞かせる「プリンセス・ブライド」の物語---キンポウゲと言う名の若い女性はフローリン国の農場に暮らしている。農夫の若者のウェスリーに命令するたびに、ウェスリーは「仰せの通りに」と答え、喜んで従う。やがてキンポウゲはウェスリーがその言葉で愛を伝えていること、そして自分もウェスリーを愛していることに気づく。結婚するため金を稼ごうとウェスリーは旅に出るが、その船は誰も生きて返さないという評判の、“恐ろしい海賊ロバーツ”に襲われる・・・・。

おじいちゃんが風邪をひいた孫に昔話を聞かせてあげるという設定で、「プリンセス・ブライド・ストーリー」が展開していく。内容は単純でありきたりだけど、チャンバラ、怪物、海賊、仇討ち、巨人などの要素が盛りだくさんで楽しめる。昔ながらの雰囲気を持った作品で、ハッピーエンドで終わるファミーリー向けの映画。

劇場公開日 1988年9月10日



>>プリンセス・ブライド・ストーリーのキャスト一覧を見る

  1. 洋画-ふ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2020-08-14

ア・フユー・グッドメン

★★★(3.0)
wア・フュー・グッドメン
鑑賞No:00360
原題:A Few Good Men
製作:1992年/アメリカ/137分
監督:ロブ・ライナー
出演:トム・クルーズ/ジャック・ニコルソン

キューバの米海軍基地で、海兵隊員サンティアゴが就寝中に襲われて死んだ。犯人は同部隊のダウニー一等兵とドーソン兵長だった。検察官ロス大尉は、2人を殺人罪で起訴する。事件の背景にコードR(規律を乱す者への暴力的制裁)の存在を感じた内部調査部のギャロウェイ少佐は、被告の弁護を申し出るが、ハーバード出身で法廷経験のないキャフィー中尉が任命された。キャフィーは偉大な弁護士だった父の影を意識するあまり、担当した事件はすべて検察側との事前取引で処理してきた男だった・・・・。

若き頃のトム・クルーズ主演の法廷映画。事件そのものの映像はなく、事件後からが描かれているため、最初はとっつきが悪い。しかし、だんだん引き込まれていくのが分かり、やはりクライマックスはトム・クルーズとジャック・ニコルソンの対決シーンだろう。昨今はセクハラやパワハラも一般的になり、企業でも重要な課題としてその撲滅に取り組むのが当たり前になってきている。軍隊の中ではコードRというのが同類のものになるのだろうが、まだこの時代にあっては上官の命令に歯向かうことは不可能に近く、正義と命令の板挟みになった隊員の苦悩がよく分かる。

劇場公開日 1993年2月20日



>>ア・フユー・グッドメンのキャスト一覧を見る

  1. 洋画-あ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2020-08-12

サハラ

★★(2.0)
wサハラ
鑑賞No:00359
原題:Sahara
製作:1983年/アメリカ/106分
監督:アンドリュー・V・マクラグレン
出演:ブルック・シールズ/ランベール・ウィルソン

事故で亡くなった父の遺志を継ぐため、サハラ国際ラリーに出場して優勝する決意をしたデール。しかしこのレースは男性に限られたため、デールは男装して出場することに。そして砂漠横断の最短コースを選択してレースに臨むが、そこは部族抗争が激化していた危険地帯を通過する必要があった・・・・。

イギリス首相の息子がサハラ砂漠で失踪した実際の事件をヒントに作られた作品だが、内容的には特筆すべきものはない。当時、「青い珊瑚礁」や「エンドレス・ラブ」などで若手人気美人女優として名を馳せていたブルック・シールズの人気にあやかった作品としか言いようがない。ありきたりなストーリーだが、広大なサハラ砂漠を舞台に気楽に恋と冒険を楽しみたい人向けの映画。

劇場公開日 1984年3月10日



>>サハラのキャスト一覧を見る

  1. 洋画-さ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2020-08-11

プリティ・ウーマン

★★★★(4.0)
wプリティ・ウーマン
鑑賞No:00358
原題:Pretty Woman
製作:1990年/アメリカ/119分
監督:ゲイリー・マーシャル
出演:リチャード・ギア/ジュリア・ロバーツ

ウォール街きっての実業家エドワード・ルイスはちょっとしたことで恋人と別れた夜にたまたま道を聞いた女性ビビアンに新鮮さを感じ、気まぐれで1週間アシスタント契約を結ぶ。ルイスに命じられるまま華麗なドレスに着がえたビビアンは瞬く間にエレガントな女性に変身し、ルイスの心を惹いていく・・・・。

現代のシンデレラ・ストーリーの代表作ともいうべき映画。ジュリア・ロバーツが飛躍するきっかけとなった映画でもある点で、映画同様、彼女自身もシンデレラガールとしてもてはやされた。それぐらい映画の中のビビアン=ジュリア・ロバーツは華麗に変身し、輝く女性に見えた。特に女性は誰でも一度は憧れるようなストーリーではないでしょか?そして男性はリチャード・ギアのような男性になりたいと・・・・。ストーリー的にはリアルでないけど、リアルでない分、夢があって映画という夢の世界で大いに楽しめる作品になっています。この映画があまりによかったため、2匹目のドジョウでしょうか、約10年後に同じ監督・主演コンビで製作した「プリティ・ブライド」はイマイチでしたね。

劇場公開日 1990年12月14日



>>プリティ・ウーマンのキャスト一覧を見る

  1. 洋画-ふ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2020-08-10

パトリオット・ゲーム

★★★(3.0)
wパトリオット・ゲーム
鑑賞No:00357
原題:Patriot Games
製作:1992年/アメリカ/117分
監督:フィリップ・ノイス
出演:ハリソン・フォード/アン・アーチャー

CIAを辞めて海軍学校の教官となったジャック・ライアンは妻と一人娘とともに休暇旅行でロンドンに来ていた。そこで偶然、テロリストによる襲撃事件を目撃し、本能的にテロリストに立ち向かう。その結果、テロリスト一人が死に、一人が逮捕される。ライアンはその功績を称えられるが、テロリストに命を狙われることに・・・・。

本作は「レッド・オクトーバーを追え!」に続く“ジャック・ライアン”シリーズ第2弾。ただし、1作目のジャック・ライアンはアレック・ボールドウィンが演じており、作品の印象も異なります。今回のは、テロリストから王室の人を守るためにテロリストの一人を殺すが、その復讐として彼自身や彼の家族が襲われる話です。そのため、ライアンは家族を守るため戦うわけですが、こういう話はハリソン・フォードうってつけのシチュエーションです(そのため主役が変わったのでしょうか?)そしてその期待を裏切らない活躍をハリソン・フォードは見せてくれます。ありきたりなサスペンス・アクションに落ち着いた感はあるものの、結構楽しめる作品。

劇場公開日 1992年8月1日



>>パトリオット・ゲームのキャスト一覧を見る

  1. 洋画-は
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2020-08-09

クリフハンガー

★★★★(4.0)
wクリフハンガー
鑑賞No:00356
原題:Cliffhanger
製作:1993年/アメリカ/113分
監督:レニー・ハーリン
出演:シルヴェスター・スタローン/ジョン・リスゴー

天才クライマーのゲイブはロッキー山脈でレスキューの仕事をしていたが、同僚で親友のハルとその恋人のサラの救出に向った際にハルの目の前で救出に失敗しサラを死なせてしまう。ハルはゲイブを責め、責任を感じたゲイブは山から遠ざかる。それからしばらく経ったある日、財務省造幣局の輸送機が犯罪組織のジェット機に襲われるが、ジェット機は不時着し、奪われた大金とともに山中に消えてしまう・・・。

「ランボー」「ロッキー」の大ヒット後、あまりさえなかったスタローンが久々にアクションスターとして存在感を示した作品。ランボーのようなプロの戦闘員ではない、一山岳レスキュー隊員ではあるが、雪山という環境を逆手に取って武装集団に立ち向かう姿には爽快感すら感じられる作品となっている。(雪山のプロとは言いながら、素人にしては強すぎる感はあるが・・・)この爽快感は、ジョン・リスゴーが演じる悪役キャラの好演にもよると思われる。見事なまでに悪役を演じきっているがゆえに、それをやっつける爽快感はたまらない。同じように雪山でのアクションを扱った最近の映画(邦画)に「ミッドナイトイーグル」があるが、設定的には「ミッドナイトイーグル」の方が圧倒的にスケールが大きいはずなのに、観ていて受ける迫力の大きさはこちらの方がはるかにスケールが大きいように感じた。

劇場公開日 1993年12月4日



>>クリフハンガーのキャスト一覧を見る

  1. 洋画-く
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2020-08-03

フォーエヴァー・ヤング/時を越えた告白

★★★★(4.0)
wフォーエヴァー・ヤング
鑑賞No:00355
原題:Forever Young
製作:1992年/アメリカ/102分
監督:スティーヴ・マイナー
出演:メル・ギブソン/ジェイミー・リー・カーティス

テストパイロットのダニエルは、恋人が事故に遭い植物人間になったことに絶望していた。そんな彼は、友人が開発した冷凍保存装置の実験台となることに。そして50年の月日が経った1990年代、一人の少年がこの装置に触ってしまったため、ダニエルは蘇えり、彼はその少年の家に厄介になることに・・・。

発想は面白いが、設定に無理がある部分もあり、ツッコミどころは多い。それはそれとして、恋人への一途に想いを果たそうとするダニエルの行為には共感でき、さらにラストは感動的である。アクション映画や歴史大作のイメージの強いメル・ギブソンだが、ちょっと毛色の違う本作もメル・ギブソン出演作の中で好きな1本のひとつ。

劇場公開日 1993年3月13日



>>フォーエヴァー・ヤング/時を越えた告白のキャスト一覧を見る

  1. 洋画-ふ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2020-08-02

ホワイトハウス狂騒曲

★★★+(3.5)
wホワイトハウス狂騒曲
鑑賞No:00354
原題:The Distinguished Gentleman
製作:1992年/アメリカ/112分
監督:ジョナサン・リン
出演:エディ・マーフィ/レイン・スミス

詐欺師のジョンソンはある日、自分の名前とよく似た地元の有力議員が選挙戦を前に急死したことを知り、下院議員選挙に立候補する。持ち前のペテンぶりを活かしたジョンソンは見事当選し、ワシントンDCに行くことに。そこで有力議員の議長にも気に入られ、ますます政治家らしくなっていくが、ある日、高圧線が原因で病気になった子供のことを知ったジョンソンは・・・・。

見てないので内容はサッパリ分からないが、キムタクが総理大臣役を演じたドラマ「CHANGE」が高視聴率だったようだが、この映画もいわゆる政治もの。イメージ的にキムタクの総理大臣というのはかなり違和感があるが、エディ・マーフィの下院議員というのも当然違和感がある。ただ純粋な政治家ではなく、元は詐欺師ということなので、最初からそういう目で見れば何となく馴染んでいて違和感がない。ストーリーは至ってスタンダードで、最後はスッキリさせてくれるので単純に楽しめる。エディ・マーフィとしては低迷期の作品になるが、意外と面白く仕上がっている作品。

劇場公開日 1993年4月10日



>>ホワイトハウス狂騒曲のキャスト一覧を見る

  1. 洋画-ほ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2020-08-01

沈黙の戦艦

★★★★(4.0)
w沈黙の戦艦
鑑賞No:00353
原題:Under Siege
製作:1992年/アメリカ、フランス/103分
監督:アンドリュー・デイビス
出演:スティーブン・セガール/トミー・リー・ジョーンズ

米国海軍最大の戦艦ミズーリ号が、核兵器を盗み出そうとする軍人たちによって乗っ取られる。その戦艦に乗り合わせていた料理人のラインバックは元SEALの精鋭兵士で、数人のクルーたちとともに犯人たちに戦いを挑むことになるが・・・。

いわゆるスティーブン・セガール主演の“沈黙シリーズ”の第1弾ともいうべき作品。セガールのイメージを最も定着させた本作品。クールでかっこよく、決して負けない英雄を演じているため安心して観れる反面、ドキドキ感は少ない。悪役に扮したトミー・リー・ジョーンズは最近の役柄とはかなり印象の異なるキャラクターを楽しそう(?)に演じていた。海洋版「ダイ・ハード」ともいわれているが、主人公の余裕の有り無しは対照的。ちなみに、アメリカではこの映画が大ヒットしたため、当初海を舞台に企画が進んでいた「ダイ・ハード3」の脚本が書き換えられることになった。

劇場公開日 1993年5月15日



>>沈黙の戦艦のキャスト一覧を見る

  1. 洋画-ち
  2. TB(0)
  3. CM(0)