FC2ブログ

2014-11-03

猿の惑星:新世紀(ライジング)

★★★★
猿の惑星:新世紀(ライジング)
鑑賞No:02575
製作:2014年/アメリカ/131分
監督:マット・リーブス
出演:アンディ・サーキス/ジェイソン・クラーク/ゲイリー・オールドマン

猿のシーザーたちが人類への反乱を起こしてから10年、彼らは森の奥深くに文明的なコロニーを築いていた。一方の人類は、わずかな生存者たちが荒廃した都市の一角で息をひそめて日々を過ごしていた。そんなある日、資源を求めた人間たちが猿たちのテリトリーを侵食したことから、一触即発の事態が発生し、シーザーは生き残るための重大な決断を迫られる・・・・。

「猿の惑星」の前日譚として、往年の人気SFシリーズをリブートしたシリーズ第1作「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の続編。往年のシリーズがまさにSF映画の金字塔であり、SF色が強かったのに対し、本シリーズはヒューマンドラマというか類人猿ドラマ色が強い。そして、国とは何か、平和とは何か、リーダーとは何かなど、今の世界が抱える問題・テーマを突いてくる内容の映画になっている。そんな中、猿のシーザーの考えはブレないし、人間側の穏健派のマルコムを信用し、人間との信頼関係を維持しようとする。こういう指導者が共にいれば人種や思想が違っても理解し分かり合えるのかもしれないが、一方、そんな指導者の思いを無視した1個の行動が大きな反目・対立・騒動に発展する怖さも目の当たりにさせてくれる作品。
  1. 洋画-さ