FC2ブログ

2014-11-30

ダイバージェント

★★★+
ダイバージェント
鑑賞No:02585
製作:2014年/アメリカ/139分
監督:ニール・バーガー
出演:シャイリーン・ウッドリー/テオ・ジェームズ/ケイト・ウィンスレット

全人類が16歳になると強制的に5つの共同体(ファクション)に振り分けられ、その中で生涯を過ごすことで平和を築いた近未来世界。少女ベアトリスは、ファクションに振り分けられる「選択の儀式」において、「勇敢」「無欲」「平和」「高潔」「博学」のどのファクションにも該当しない「異端者(ダイバージェント)」であると判定される。異端者は、その存在自体が知られてはならず、政府の抹殺対象でもあることを知った彼女は、儀式の結果を偽って「勇敢」のファクションに所属し、名前もトリスに変えて身を隠すが・・・・。

ベロニカ・ロスの小説を基にしたSFアクション。全3部からなる4作のシリーズ化が決定しているらしいが、本当だろうか?と疑ってしまうほど、そこまでの魅力ある作品とは言い難い。SF映画だが、未来観が薄く、そもそも世界観も狭いことが魅力を狭めている。その上、アクション中心かと思いきや、後半は主人公と教官のラブロマンス色が強くなる。その割には、主人公のトリスを演じた女優の魅力もイマイチ。最初気付かなかったが、「タイタニック」のケイト・ウィンスレットが初の悪役で出演している。ただ、アクが弱く、これもイマイチだった。
  1. 洋画-た