FC2ブログ

2016-01-10

さらば、ベルリン

★★+
さらば、ベルリン
鑑賞No:01503
原題:The Good German
製作:2006年/アメリカ/108分
監督:スティーブン・ソダーバーグ
出演:ジョージ・クルーニー/ケイト・ブランシェット

大戦におけるドイツ降伏後のベルリンに、ポツダム会談取材のためにアメリカ人記者ジェイクが訪れる。彼の運転手を務めることになったタリーは、裏で米軍の物資を横流ししていたが、そのタリーの情婦レーナが実はジェイクのかつての愛人だった。そんな中、10万マルクを所持したタリーがソ連領で死体となって発見される・・・。

監督のソダーバーグが敬愛する40年代映画を再現した映画として注目された映画。たしかに古きよき時代のモノクロ映像が見事に再現されており、「カサブランカ」や「第三の男」を思い起こさせる映像は満喫できた。反面、ストーリーは判りにくく、はっきり言って面白くはなかった。謎解きがメインストーリーなのだろうけど、何が謎なのかよく判らないままストーリーが進行していくようで、観ている方は取り残されていく感じがした。最後の結末も、なんか納得のいかない終わり方で、チョット残念な作品。

劇場公開日 2007年9月22日



(キャスト一覧)
ジョージ・クルーニー
ケイト・ブランシェット
トビー・マグワイア
リーランド・オーサー
ロビン・ワイガート
トニー・カラン


  1. 洋画-さ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する