FC2ブログ

2016-02-23

ピース オブ ケイク

★★★+
ピース オブ ケイク
鑑賞No:02773
製作:2015年/日本/121分
監督:田口トモロヲ
出演:多部未華子/綾野剛/松坂桃李/木村文乃

仕事も恋愛も、周囲に流されるまま生きてきた女性・梅宮志乃。バイト仲間との浮気がばれたことで、DV体質の恋人・正樹からは振られ、バイトも辞めることに。このままではいけないと心機一転した志乃は家を引越し、そこで出会った隣人で、新しいバイト先の店長でもある男・京志郎に本気の恋をする。しかし、京志郎には同棲中の恋人がいて・・・・。

ジョージ朝倉の同名コミックの映画化。主人公役の多部未華子が最も魅力的に見えたのは「君に届け」でのピュアな女子高生役の時で、以降、観た限りでは、ピュアで可愛い女性というよりも、どちらかというと嫌味な鼻につく女性役が多いように思う。それはそれで残念ではあるが、女優としては演技の幅も出て、いい方向に進んでいるのだろう。この作品で演じた志乃も言ってみればダメな女である。貞操観念は低く、思ったことはずけずけという、容姿は別にして実在していたら決して好きにはならないタイプの女性である。同様に綾野剛演じるヒゲ店もダメ男だ。ダメ男とダメ女のラブストーリーだから、付き合おうが分けれようが何とも感じない。そういう意味では共感できるカップルとは言い難く、個人的には盛り上がりに欠ける作品だった。あと注目すべき俳優は松坂桃李。最近は主演を張る作品は減ったように思えるが、その代わりに演技の幅が大いに広がる個性的な役に積極的にチャレンジしている感が強い。「エイプリルフールズ」ではSEX依存症、「日本でいちばん長い日」ではクーデーターの中心将校、「劇場版MOZU」では殺人鬼、そして本作ではオネエ役と、これまでのイメージを覆す役が多い。同様に役柄の幅の多さで注目している菅田将暉も共演していて期待して観ていたが、こちらは今回はさほど印象に残る役で放ったのは残念。

劇場公開日 2015年9月5日



(キャスト一覧)
多部未華子(梅宮志乃)
綾野剛(菅原京志郎)
松坂桃李(オカマの天ちゃん)
木村文乃(ナナコ)
光宗薫(成田あかり)
菅田将暉(川谷)
柄本佑(正樹)
峯田和伸(千葉)
中村倫也
安藤玉恵
森岡龍
山田キヌヲ
宮藤官九郎
廣木隆一


  1. 洋画-ひ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する