FC2ブログ

2012-05-03

サビ男サビ女

★★★
シネマ大好き!
鑑賞No:02106
製作:2010年/日本/91分
監督:藤田容介/松梨智子/呉美保/関口現
出演:桜庭ななみ/中村蒼/友近/小泉今日子


4話からなるオムニバス映画。
「ハゲマシガールズ」
チハルは友人2人とハゲマシガールズを結成し、落ち込んでいる人を歌って踊って励ます活動をしていたが・・・・。
「Boys? meets girl」
地味で目立たない男子高校生・幸之助は、憧れの美少女・香織に近づくため女装したところ、見違えるほどの魅力的な女性に変身したことから自信を持って・・・・。
「くれえむないと!」
家に帰ると電気が点かず、電力会社にクレームの電話を入れる一人暮らしの女・繭子。すると電力会社からお客様対応の責任者がやってきて誠意ある対応をされたことから、繭子はその責任者を豚しゃぶに誘うが・・・・。
「せびろやしき」
主婦・真弓は公園で出会ったリストラにあった男・平田に同情し、家につれて帰って1日過ごさせる。次の日には別の男をつれて帰ってくる真弓。やがて家はリストラされた背広姿の男たちでいっぱいになり・・・・。


前半の2本は安物のショートストーリーのようで、イマイチ感いっぱいだったが、後半の2本は私がサラリーマンということもあって、興味深く観れた。立場的にも友近や小泉今日子目線ではなく、お客様係やリストラされたサラリーマン目線で観てしまうところが少し悲しかったが・・・。友近のクレーマーぶりは芸風が良く活かされていたが、お笑い番組で演じるコントの域は出ていなかったかも。やっぱりなんと言っても独特のまったりさを出した小泉今日子の可愛さは作品中、群を抜いており、キョンキョンらしさがフルスロットルでした。オチもこの「せびろやしき」が一番良かった。


  1. 邦画-さ