FC2ブログ

2016-11-08

座頭市(1989年版)

★★★
座頭市(1989年)
鑑賞No:01587
製作:1989年/日本/116分
監督:勝新太郎
出演:勝新太郎/緒形拳/樋口可南子/陣内孝則

牢を出たばかりの座頭市は、漁師の儀助の家に厄介になりながら、五右衛門一家の開く賭場で遊んでいた。その賭場で大勝ちした市に憮然とした五右衛門一家は取り囲むが、女親分のおはんのとりなしにより難を逃れる。そんな頃、跡目を継いだばかりの五右衛門は、宿場一帯を仕切るため、八州取締役に取り入ろうとしていた・・・。

「座頭市」シリーズは1962年以降、数多く作られたが、この作品は主役の勝新太郎が唯一監督を務めた作品。また勝新太郎による座頭市は本作品が最後となっている。勝新・座頭市はTVでは何度か観たことがあったが、映画で観るのは初めて。基本的にはTVと特に変わった印象はなかったが、勝新太郎が製作・監督・脚本・主演を務めただけあって座頭市の面白い部分を巧く集めた、いわゆる集大成のような感はあった。座頭市というキャラクタも魅力あるキャラである。盲目という障害を持ち、世間的には弱者という立場にあり、腰の低い按摩という普段の姿から、一変して立ち回りは後ろにも目があるかのごとく見事な居合術に唖然とする。この180度の変わりようもヒーローものの一つの魅力だ。20年前の作品ということもあり、お馴染みの顔ぶれも多いが皆若く、ある意味新鮮に観ることができた。「2」の企画もあったようだが、撮影中の不幸な事件や、勝新太郎の逮捕などで流れたことは残念である。

劇場公開日 1989年2月4日




(キャスト一覧)
勝新太郎(座頭市)
樋口可南子(おはん)
陣内孝則(八州取締役)
片岡鶴太郎(正義の男)
奥村雄大(五右衛門)
草野とよ実(おうめ)
泉谷しげる(桶屋)
三木のり平(儀肋)
川谷拓三(旅の按摩)
蟹江敬三(仁)
ジョー山中(車助左衛門)
安岡力也(用心棒)
内田裕也(赤兵衛)
緒形拳(浪人)
  1. 邦画-さ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する