FC2ブログ

2017-01-11

テラビシアにかける橋

★★★★
テラビシアにかける橋
鑑賞No:01481
原題:Bridge to Terabithia
製作:2007年/アメリカ/95分
監督:ガボア・クスポ
主演:ジョシュ・ハッチャーソン/アンナソフィア・ロブ

貧しい家庭で暮らすジェスは、学校でも友達が一人もおらず、クラスメートからはよくからかわれていた。そんなある日、風変わりな女の子レスリーが転入してくる。周りに溶け込めない2人はいつしか仲良くなっていく。そんな2人の秘密の遊び場となった森の中に空想の王国テラビシアを創り出し、いつしか2人は空想の世界で遊ぶようになる。そんな折、レスリーの身に・・・。

ありがちなタイムトラベルや別世界へのスリップではなく、空想世界の中で過ごす少年少女の友情を中心に描いているところに他のファンタジー映画とは多少一線を画しているかのように思えた。ストーリー自体は至って単純だが、空想の世界でかけがえのない時間を過ごす2人から、後半事態が一変して、失ったものの大きさと、それを現実として受け入れられないジェスの苦悩がジーンときた。前半ではジェスに冷たく対していた父親が、ラストで本当は思いやりがあり、ジェスを本当に温かい目で見つめていたことにも感動した。この話は原作のキャサリン・パターソンの息子が体験した実話が基らしいが、子役の2人の演技がなかなか良かった。ちなみに少女レスリーを演じたアンナソフィア・ロブは「チャーリーとチョコレート工場」でガムを噛んでいた生意気な女の子を演じていた女優さんだったんですね。

劇場公開日 2008年1月26日




(キャスト一覧)
ジョシュ・ハッチャーソン
アナソフィア・ロブ
ズーイー・デシャネル
ジョシュ・ハッチャーソン
(ジェス・アーロンズ)
アナソフィア・ロブ
(レスリー・バーク)
ズーイー・デシャネル
(エドマンズ先生)

ロバート・パトリック(ジャック・アーロンズ)
  1. 洋画-て
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する