FC2ブログ

2017-01-29

キャッチボール屋

★★★+
キャッチボール屋
鑑賞No:01489
製作:2005年/日本/105分
監督:大崎章
出演:大森南朋/キタキマユ/寺島進/松重豊

東京の会社をリストラされたタカシは、故郷に戻って高校時代の野球部の仲間と飲んでいるうちに、かつて片思いだった女性に会うため、東京行きの最終電車に乗せられてしまう。二日酔いのまま、都会の公園で目覚めたタカシは見知らぬ男から10分100円でキャッチボールの相手をするキャッチボール屋の留守番をすることに。その男はすぐ帰ってくるはずだったが、結局戻ってこず、タカシはキャッチボール屋を引き継いで続けることに・・・。

これもいわゆる脱力系の映画だろうか!?タカシに留守番を頼むキャッチボール屋のキャッチボールの下手さにも、頼み方にも不自然さや違和感が感じられるも、ついつい最後まで何となく観てしまう不思議な映画だった。キャッチボール屋なんて風変わりな商売と最初は思ったが、人間関係の希薄な都会にあって、逆にわずらわしさのない人とのつながりというものは求められているのではないか?それを容易にみたしてくれるものの象徴としてキャッチボールが描かれているのではないか?と思って観るようになった。
この映画が初主演らしい大森南朋の、脇役以上に目立たない地味で素人っぽい演技がかえって爽やかで心地よかった。作中、頻繁に流れる山口百恵の「夢前案内人」も懐かしく、改めて「いい歌だな~」と思われた。この映画を観て、久しぶりに子供とキャッチボールをしたくなった。

劇場公開日 2006年10月21日




(キャスト一覧)
大森南朋
キタキマユ
寺島進
大森南朋キタキマユ寺島進

ま-松重豊
み-光石研
み-水橋研二
う-内田春菊
あ-庵野秀明
松重豊光石研水橋研二内田春菊庵野秀明

み-三浦誠己
か-康すおん
み-峰岸徹
キム・ホジョン
三浦誠己康すおん峰岸徹キム・ホジョン
  1. 邦画-き
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する