FC2ブログ

2020-05-04

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

★★★★(4.0)
wワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
鑑賞No:02971
原題:Once Upon a Time... in Hollywood
製作:2019年/アメリカ/161分
監督:クエンティン・タランティーノ
出演:レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット

テレビ俳優として人気のピークを過ぎ、映画スターへの転身を目指すリック・ダルトンと、リックを支える付き人でスタントマンのクリフ・ブース。目まぐるしく変化するエンタテインメント業界で生き抜くことに神経をすり減らすリックと、いつも自分らしさを失わないクリフは対照的だったが、2人は固い友情で結ばれていた。最近、リックの暮らす家の隣には、「ローズマリーの赤ちゃん」などを手がけて一躍時代の寵児となった気鋭の映画監督ロマン・ポランスキーと、その妻で新進女優のシャロン・テートが引っ越してきていた。今まさに光り輝いているポランスキー夫妻を目の当たりにしたリックは、自分も俳優として再び輝くため、イタリアでマカロニ・ウエスタン映画に出演することを決意する。そして1969年8月9日、彼らの人生を巻き込み、ある事件が発生する・・・・。

第92回アカデミー賞で作品賞、監督賞など計10部門にノミネートされるも、残念ながら2部門の受賞にとどまった。レオナルド・ディカプリオは主演男優賞は取れなかったが、ブラッド・ピットが助演男優賞を受賞し、俳優としては初受賞した。ハリウッドの内幕を描いた作品という触れ込みだけの情報で鑑賞したが、題材は実際に1969年に起こったシャロン・テート殺人事件を背景としている。ただこの事件、アメリカ本国では有名かもしれないが、日本では知られていないようで、私もこの事件は初耳だった。この事件を背景として虚実混ぜ合わせた内容のようだが、前半は割と冗長。中盤から事件のお膳立てが始まり、終盤の事件を描いたシーンはそこまでやる?と言ってしまうほど、タランティーノの本領が発揮された暴力シーンとなっている。犯人に対する反撃が酷すぎるとも思えたが、実際の事件を調べてみると、犯行のあまりの残酷さに絶句し、タランティーノ監督の過激な演出も納得。ブラピはアカデミー賞を取るだけあって、主演と変わらないほどの存在感があった。

劇場公開日 2019年8月30日




(キャスト一覧)
レオナルド・ディカプリオ
ブラッド・ピット
マーゴット・ロビー
レオナルド・ディカプリオ
(リック・ダルトン)
ブラッド・ピット
(クリフ・ブース)
マーゴット・ロビー
(シャロン・テート)

エミール・ハーシュ
マーガレット・クアリー
ティモシー・オリファント
オースティン・バトラー
ダコタ・ファニング
エミール・ハーシュマーガレット・クアリーティモシー・オリファントオースティン・バトラーダコタ・ファニング

ブルース・ダーン
アル・パチーノ
ジュリア・バターズ
マイク・モーダミアン・ルイス
ブルース・ダーンアル・パチーノジュリア・バターズマイク・モーダミアン・ルイス

ルーク・ペリー
ルーク・ペリーデイモン・ヘリマンロレンツァ・イッツォニコラス・ハモンドサマンサ・ロビンソン

コスタ・ローニンマディセン・ベイティジェームズ・ランドリー・ヘバートシドニー・スウィーニーハーリー・クィン・スミス

スクート・マクネイリーレナ・ダナムラモン・フランコクリフトン・コリンズ・Jrドリーマ・ウォーカー

カート・ラッセル
ゾーイ・ベル
ルーマー・ウィリスレベッカ・ゲイハートスペンサー・ギャレットカート・ラッセルゾーイ・ベル

マイケル・マドセン
マイケル・マドセンジェームズ・レマーマヤ・ホーク
  1. 洋画(わ行)
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する