FC2ブログ

2020-05-22

竜馬暗殺

★★★(3.0)
w竜馬暗殺
鑑賞No:02979
製作:1974年/日本/118分
監督:黒木和雄
出演:原田芳雄/石橋蓮司/中川梨絵/松田優作

慶応3年11月13日、海援隊の常宿・酢屋から近江屋へ身を移す坂本竜馬。大いなる野望に燃える竜馬であったが、大政奉還後の権力闘争の狭間で、佐幕派はもちろん、勤皇派からも煙たがられる存在となっていた。身の危険は誰よりも感じていながら、近江屋での竜馬は意外なほど落ち着き払っていた。しかし、2日後に暗殺される竜馬には、この時すでに刺客の手がすぐそこまで近づいていた・・・・。

京都・近江屋で中岡慎太郎とともに刺客によって暗殺される坂本龍馬の暗殺までの3日間を描いた作品。龍馬は司馬遼太郎の「竜馬がゆく」によってかなり脚色された幕末のヒーローだが、本作の龍馬は世間の龍馬観とはまた異なった、より生々しい人間臭さを醸し出した男として描かれている。にも関わらず、「龍馬」ではなく、小説の「竜馬」を採用しているのは、「竜馬がゆく」へのオマージュだろうか。また、中岡慎太郎との微妙な仲を柱の一つとして描いているjのも特徴的。武闘派のイメージが強い中岡晋太郎を、リーダーシップのない優柔不断な男として描き、竜馬との微妙な仲が柱の一つとなっている。あと、松田優作の存在感も大きい。刑事ドラマ「太陽にほえろ!」にジーパン刑事役で出演していた時期と同じくして本作に出演しているため、演技に共通点が多々見いだせるのも面白い。作品としては新選組や薩摩藩など有力な犯人説を取り上げながら、犯行は一瞬で犯人が誰だか明かさない、史実と同様の結末に終わっているのはちょっと消化不良。

劇場公開日 1974年8月3日




(キャスト一覧)
は-原田芳雄
い-石橋蓮司
原田芳雄
(坂本竜馬)
石橋蓮司
(中岡慎太郎)
中川梨絵
(幡)

ま-松田優作
も-桃井かおり
松田優作桃井かおり粟津號野呂圭介田村亮

外波山文明山谷初男
  1. 邦画-り
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する