FC2ブログ

2013-07-30

北のカナリアたち

★★★★
シネマ大好き!
鑑賞No:02399
製作:2012年/日本/130分
監督:阪本順治
出演:吉永小百合/柴田恭兵/仲村トオル/里見浩太朗


日本最北の島・礼文島と利尻島で小学校教師をしていた川島はるは、ある事件で夫を失う。それをきっかけに島を出てから20年後、教え子のひとりを殺人の疑いで追う刑事の訪問がきっかけとなり、はるはかつての生徒たちに会う旅へ出る。はるに会った生徒たちはそれぞれの思いを口にし、次第に事件の謎が明らかになっていく・・・・。


現在と過去が頻繁に入れ替わり少々戸惑うが、はるが教え子を訪ねて話をしていくうちに、20年前の謎が次第に明らかになっていく展開は興味深く観れる。20年前の謎とは、はるの夫が死に至る原因と、はるが島を離れる原因。しかし、映画の雰囲気からして涙を誘うような理由・原因があるのかと思ったら、警官との不倫? それも不倫に至る経緯が描かれていないのでどうも納得いかない展開。そのため、ラストの教え子全員が廃校に集まるシーンもイマイチ泣けない結果となった。

  1. 邦画-き