FC2ブログ

2013-09-01

しんぼる

★+
シネマ大好き!
鑑賞No:01881
製作:2009年/日本/93分
監督:松本人志
出演:松本人志


奇妙なパジャマを着た男が、目を覚ますと四方を白い壁で囲まれた部屋に閉じ込められていた。ここがどこなのか、どうしてここにいるのか見当もつかないその男。やがてこの部屋から脱出するために出口を探しはじめた彼は、壁から無数のチ○コ型ボタンがあることに気づき、そのボタンを押してみると・・・・。


個人的にはとんでもない愚作と評価した、松本人志の監督第1作から2年。カンヌ国際映画祭の監督週間でも公開された話題作だったが、第1作に勝るとも劣らない愚作ぶりに、半ば呆れ、半ば苦笑いしてしまうほど。松本ワールドといってしまえばそれまでだが、くだらないTVコントと大して変わらない内容。謎は謎として何ら解説も解決も解答もなく、並行して描かれていたメキシコ人中年プロレスラーのストーリーとのリンクも、「こんなのあり!?」的なつながりで全く理解不能。不条理映画に仕立てたつもりかもしれないが、観ている方にはショートコントの寄せ集めにしか見えず、もやもや感と消化不良感だけが残る映画となった。

  1. 邦画-し