FC2ブログ

2014-02-28

ワイルド・バレット

★★★+

鑑賞No:01747
製作:2006年/ドイツ、アメリカ/122分
監督:ウェイン・クラマー
出演:ポール・ウォーカー/キャメロン・ブライト


イタリアン・マフィアの手下であるジョーイは、警官殺しに使用された拳銃の後始末をボスから頼まれ、自宅の地下室に隠していた。しかし隣家に住む、息子の友達のオレグがその拳銃を盗み、虐待を繰り返していた父親・ユゴルスキーを撃ってしまう。ユゴルスキーはロシアン・マフィアの一味で、銃の出所が知られることを恐れたジョーイは、警察やマフィアよりも早くオレグを見つけ出し、銃を取り戻さなければならなかった・・・・。


最初、人間関係などがよく分からず、戸惑いながら観ていたが、ストーリーが進むにつれ、複雑化していく一方、人間関係もよく分かってきて次第に面白くなってきた。また、テンポよい展開と、先が読めない展開についついラストまで一気に観てしまう作りになっている。この手の映画にしては多少詰め込みすぎで、やや長めなのが気にはなりましたが、ハリウッド映画とはちょっと一味違った(ドイツとアメリカの合作)雰囲気のクライム・サスペンスで、最後までハラハラさせられます。





  1. 洋画(わ行)